不動産担保ローンを利用した私の体験

会社の経営者として必要に応じて借金をしてきた

会社の経営者として必要に応じて借金をしてきた取引先の倒産で不動産担保ローンを申し込む不安だったが無事に審査に通り返済の目途も立った

普段は借金のことは考えていませんでしたが、必要に応じて借金をする生活をしてきました。
そうするとだらしない人のように感じますが、世の中の会社経営者ならばおおむね私の考えに共感してくれる人は多いはずです。
もちろんそうはいっても、借金は可能なかぎりしないで経営した方がよいに決まっています。
しかし、事業を営んでいればすぐにお金が入ってくるわけではなく小切手や手形による取引きがほとんどになりますのでかなり時間差があるわけです。
2カ月から3カ月ほど経過してようやくお金が入ってくることがほとんどです。
この時間差の間に相手の企業が支払ってくれなかったり倒産してしまうと社員たちに給料を払えなくなってしまうわけです。
十分な資金があれば別ですが、今のご時世は会社の寿命も縮まってますのでどこの会社が倒産するかも予想することができません。
かといってそれが起こったからと言って特別驚くようなことではないでしょう。
つまり私の心の中では、いつ不渡りが出てもおかしくないと考えていました。
当然ほかの会社が不渡りを出せば、私の会社も不渡りを出してしまい倒産の危機に追い込まれるでしょう。
2回目の不渡りは確実にアウトになり会社が倒産してしまいますので、可能な限り避けなければならないところです。