不動産担保ローンを利用した私の体験

不動産担保ローンで生活費に困らなくなりました

会社の経営者として必要に応じて借金をしてきた取引先の倒産で不動産担保ローンを申し込む不安だったが無事に審査に通り返済の目途も立った不動産担保ローンで生活費に困らなくなりました

20代の頃から、自宅で電気設備会社を経営していました。しかし60才を過ぎた時に体調を崩し、そのまま会社を閉じて現役生活を終えたのですが妻と二人でわずかな年金では生活するには苦しくなっていました。まとまったお金を工面するにはどうしたらいいのかと調べていた時に、不動産担保ローンというものがあることを知り、利用しました。私が利用した東京スター銀行で、築40年になる戸建て住宅でもローン担保の対象になったのが良かったです。幸い妻の両親が残してくれた住宅で住宅ローンも残っておらず、計1400万円のローンを組むことが出来ました。不動産担保ローンを利用する当初は、返済が滞ったら家をすぐに手放さないといけないかと不安でしたが、担当者の方から月々の返済は金利だけで元本は妻と私両方が亡くなった時に、住宅を売却して完済となる説明を丁寧にしてくださって安心しました。私たちには子供もおらず、自宅を相続する者が誰もいないので好都合とも思えて不動産担保ローンを活用しました。おかげで今はお借りしたお金で悠々自適に暮らしており、年金から金利返済を行なえています。住宅を活用した有意義なローンを組めて、とても良かったと実感しています。