不動産担保ローンを利用した私の体験

取引先の倒産で不動産担保ローンを申し込む

会社の経営者として必要に応じて借金をしてきた取引先の倒産で不動産担保ローンを申し込む不安だったが無事に審査に通り返済の目途も立った不動産担保ローンで生活費に困らなくなりました

このように、準備をしていましたが、いくら準備をしたとしてもいざ取引き先が倒産してしまうと焦るものです。
経営の基本ですが、準備はしっかりとすることだけでなくあらゆることを予測することが重要です。
楽観視することも必要ですが、慎重になるところは確実に慎重に行っていかなければ確実に会社がなくなってしまいます。
もともと、不動産担保ローンを利用しようと考えていた私は取引き先の倒産をした時についに本格的に不動産担保ローンのことを考え始めました。
とりあえず一時的にでもいいのでお金を借りて何とかしたいといった思いも強かったわけです。
普通に銀行から借りる方法もありましたが、おそらく今回は貸してくれないだろうと考えたわけです。

私の取引先の一つが倒産した。
税金が払えないらしい、驚いたと同時に私も損失を食らった。

代金の未払いがあるのだ。
世話にもなったし、大した金額でも無いから諦めるが。

支払い遅延が二回続くと倒産するって本当なんだなぁ。

— ニャー吉の助(Nya-kichi)📻 (@5WNwOmAP8lbe74N) 2019年3月5日
不動産担保ローンの条件を見てみると、期して厳しいものではないもののやはり担保価値がどのように判断するかが重要だと感じました。
今回借り入れする金額はそれほど多くありませんが、万が一のことを考えるといくつかの業者に依頼をした方がよいと感じました。
しかし、最初に行った業者に聞いてみると、かなり高い確率で審査に通るのではないかそして希望した金額を借りることはできるのではないかと教えてくれました。
おそらく何十年もやっている業界の人間がそのように述べているので間違いはないだろうと感じましたがそれでもやはり心の底では不安になります。